日整「匠の技 伝承」
プロジェクト
北海道講座
「鎖骨の骨折」

2019年11月10日

令和元年11月10日(日)の北海道講座は、北海道柔道整復師会館内において開催しました。この日は、北海道を中心に全国各地から会員と準会員、非会員らが出席し、定員50名の受講者で満席となりました。

日本柔道整復師会「匠の技 伝承」プロジェクト北海道講座「鎖骨の骨折

「匠の技 伝承」プロジェクト 北海道講座 開会
工藤鉄男 会長 挨拶
「匠の技 伝承」の趣旨
長尾 淳彦 学術教育部長
「鎖骨骨折の整復と固定法」<座学>
匠の技講師 萩原 正和 氏
「肩関節周囲の解剖と鎖骨、肋骨骨折の超音波観察装置による観察」<座学>
講師 学術教育部 佐藤和伸 氏
「鎖骨骨折の固定材料の作製」
匠の技講師 萩原 正和 氏
「肩関節周囲の解剖と鎖骨、肋骨骨折の超音波観察装置による観察」<実技>
講師 学術教育部 佐藤和伸 氏
「鎖骨骨折の整復と固定法」<実技①>
匠の技講師 萩原 正和 氏
「鎖骨骨折の整復と固定法」<実技②>
匠の技講師 萩原 正和 氏
「鎖骨骨折の整復と固定法」<実技③>・Q&A
匠の技講師 萩原 正和 氏
「匠の技 伝承」プロジェクト 北海道講座を終えて
インタビュー
TOP