日整「匠の技 伝承」プロジェクト第3回講座 「中手骨・指骨の骨折」 「匠の技 伝承」プロジェクト講座一覧

    日本柔道整復師会は、柔道整復術公認100年周年の記念事業として、匠の技伝承プロ ジェクトを4月からスタートしました。骨折や脱臼の整復技術をさらに高め、次代を担う柔道整復師にその技術をつなげようと、日整は「匠の技 伝承」プロジェクトを立ち上げ、平成31年4月7日(日)に第1回の講座を開催し、令和元年8月4日(日)には第3回講座を東京都柔道整復師会館内において開催しました。この日も、関東近県をはじめ東北や九州などから会員と準会員、非会員らが出席し、定員50名の受講者で満席となりました。

会員ページからはフルの動画がご覧になれます(合計15本 245分) 日整入会のページはこちら


日本柔道整復師会「匠の技 伝承」プロジェクト第3回講座 「中手骨・指骨の骨折」 




<